これから飲食店を始める方へ・内装デザインで押さえるべきポイント

これから飲食店を始める方の参考になる、店舗の内装デザインで押さえるべきポイントについて紹介しています。店舗の内装は、お客さんのニーズを満たすだけではなく、従業員の働きやすさなども考慮して作ることが重要です。

店舗の内装は、飲食店だけではなく、どんなビジネスにおいても重要な要素です。ただ、重要な要素とはいっても、必ずしも「おしゃれ」や「美しさ」が求められるわけではありません。その店のコンセプトがうまく表現されていて、訪れるお客さんのニーズが満たされるのであれば、その内装は優れているといえます。この記事では、飲食店の内装デザインについて、押さえるべきポイントをご紹介しています。これから飲食店を始めるという方は、ぜひ参考にしてください。

飲食店の内装デザインで押さえるべきポイント

新しくオープンする飲食店は、なんとかしてお客さんを集めなければなりません。おそらく、近隣にはすでに固定客を持つ競合店がいくつかあるでしょう。そんな環境で来店してもらい、将来のお得意さんになってもらうためには、おいしい食事も重要ですが、店舗作りも非常に重要です。

飲食店は、内装を集客や売上につなげられる

飲食店の内装は、お客さんに食事以外の「+α」をもたらすもの。そのため、役割は重いものになります。

飲食店の内装は、それぞれの店のコンセプトに沿ってデザインすることで、近隣の競合店との差別化に寄与します。店舗デザインだけでお客さんにアピールするわけではありませんが、お客さんのさまざまなニーズに応えるための「+α」が提供できれば、お客さんは通い続けてくれるはずです。

飲食店の内装デザインは従業員のためでもある

飲食店には、従業員の働きやすさを追及することも求められます。働きやすさが考慮された内装デザインのお店では、従業員の作業効率が上がります。それは従業員の笑顔にもつながるでしょう。ギスギスした雰囲気が従業員から伝わってくるようなレストランにお客さんが行きたいと感じるでしょうか?

また、店舗のデザインは、従業員の確保という店でも効果を発揮します。カフェチェーンで働きたいと思っている若者はたくさんいますが、そう思わせる要素として、カフェチェーンのおしゃれな店舗デザインがあることは間違いありません。

飲食店の内装デザインは回転率向上にもつながる

飲食店のコンセプトやタイプにもよりますが、回転率を重視する飲食店の場合は、内装デザインによりサービスのスピードアップを図ることで、回転率の向上につなげられます。内装をデザインする際は、店舗の雰囲気作りばかりに気をとられてしまいがちですが、たとえば厨房スペースを広くとるだけでも作業効率を上げられるため、料理の提供スピードも上げられます。動線も然りです。通路の幅を少し変えるだけでも、作業効率は上がったり下がったりします。このように内装デザインは、飲食店のオペレーションを、良くも悪くも左右する要素なのです。

定員(座席数)を考える

お客さんがたくさん入れれば、それだけ多く料理を提供できるので、座席数は飲食店にとってとても重要な要素です。しかし、厨房のキャパシティを超える座席を導入しても、料理の提供が遅れてお客さんに不満を感じさせるだけです。座席を詰め込みすぎると、お客さん同士の距離も詰まってしまいます。これではいくら料理がおいしくても、お客さんは満足してくれません。お客さんのニーズを理解して内装をデザインしないと、せっかく呼び込んだお客さんも離れていってしまいます。飲食店にとっても、お客さんにとっても心地よい空間を作るために、座席の数についてはしっかり検討して決めましょう。

飲食店の内装費用について

内装をデザイン、工事する費用は、飲食店の開店費用の中でも多くを占めます。しかし、どれぐらいかかるかというと、それは店舗により異なるとしかいえません。やはり、店舗のコンセプト、そして業態なども工事の費用に影響を与えますので、まずは事業計画をしっかり決め、開店から3年間で投資を取り戻すことを考えましょう。事業計画においては、日々の売上と利益、経費も細かく想定し、そのうえで初期費用がどれだけかかるのか、さらに内装にはどれだけかけられるのか考えます。「最低いくら」ではなく、この「どれかけかけられるのか」で内装費用を決めることが重要です。

飲食店では、厨房機器や設備工事にもお金がかかるため、事業計画は慎重に立てる必要があります。

内装デザインと内装工事業者の選び方

飲食店の内装デザインや内装工事は、専門性が高く、ほかの業者の店舗デザインとは異なる部分が多くあります。そのため、同じ内装業者でも、飲食店を多く手がけている内装業者を選ぶのが鉄則です。飲食店の内装デザイン経験がない業者に依頼してしまうと、高確率で仕事がしにくい場所になってしまうので気をつけましょう。内装工事業者には、主に以下のようなタイプがあります。ご自身の状況や懐具合を考えて、マッチするタイプの内装工事業者を選びましょう。

デザイン専業の内装業者(設計事務所)

最初にご紹介するのは、デザイン専業の内装業者です。このタイプの内装業者は、基本的に内装デザインしかしません。工事を担当するのは別の内装業者になるので、仕事を依頼する際は別々に依頼します。一見、面倒な気もしますが、わざわざ仕事を分けることには意味があります。デザイン専業の内装業者は、デザインの技術に強みを持っているため、「お金がかかってもいいからデザインにはとことんこだわりたい」という方にとっては最高の選択肢です。ただ、デザインの設計が完了してから工事だけを行う業者を決めるため、内装の完成までに時間がかかります。仕事を依頼する際も別々に依頼し、見積りにも倍の時間がかかるため、スピーディーに開店にこぎつけたいという場合の選択肢にはなりません。

工事を中心に行う内装業者

デザイナーがいない、主に工事に注力している内装業者もあります。デザイナーがいないからといって店舗デザインやイメージについて知らないわけではありません。設計図がなくても、直接内装のイメージを伝えることさえできれば、完全に思いどおりとはいかないかもしれませんが、しっかり内装を仕上げてくれるでしょう。作業の最中に少しだけ変更が必要になった場合でも、フレキシブルに対応してくれるはずです。また、最もリーズナブルな費用で仕事を請け負ってくれます。

内装デザインから工事まで行う内装業者

内装デザインと工事を続けて行う内装業者もあります。このタイプの内装業者は、コミュニケーションがとりやすく、また、内装デザインから工事まで流れるように進めてくれることが大きなメリットです。ただ、デザインと工事は別の業者が担当することもあります。したがって、工事を中心に行う内装業者に依頼する場合よりもお金はかかります。工事の流れはスムーズですが、デザイン的なアドバンテージはそれほどありません。初めて飲食店を開く場合は仕事を依頼する価値があるでしょう。

まとめ

飲食店の内装デザインと工事について、押さえるべきポイントをご紹介しました。飲食店の内装は、集客、売上に直結する要素です。事業計画で内装にかけられるお金を把握し、その範囲内で店舗のコンセプトとお客さんのニーズを考えて、仕事にとりかかりましょう。